2005年08月31日

リチャード・ノイトラの作品集

今回紹介するのは、リチャード・ノイトラの作品集です。

ノイトラはミッドセンチュリー期のアメリカで活躍したオーストリアの建築家です。アメリカ建築の巨匠であるフランク・ロイド・ライトに師事したこともありました。


kaufmann5.jpg


ノイトラの建築は室内空間と室外空間の連続性を追求した開放的なデザインと、装飾を一切省くシンプルさが特徴です。大きな窓と白い壁で構成される建築は、今では私たちの生活に当たり前のように存在するものです。ノイトラは、良くも悪くもこの現代建築の基礎を作った1人とされています。


3822827738Neutra (Basic Art S.)
Barbara Lamprecht


Amazonで詳しく見る
by G-Tools


この本では、そんなノイトラの作品を手軽に概観できます。現代のマンションの部屋と何かしらの共通点が見つかると思いますが、そこからインテリアについてのヒントが得られるかもしれません。とくに外との境界にあたる窓際の空間作りの参考になると思います。窓際に何も置かないようにするだけでずいぶん部屋が明るく感じられることもありますしね。
posted by nina at 02:29 | 東京 🌁 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2005年08月30日

イームズ・ハウスでインテリアの学習

インテリアのセンスを磨くには、まず他の人のアイデアをたくさん吸収することが大切です。そのアイデアの宝庫が、インテリアの本。それも個々の家具ではなく、実際に部屋に配置してある写真がたくさん載っている本に、いろんなヒントが詰まっています。

今回紹介するのは、イームズ・ハウスの本。イームズは言わずと知れた、アメリカの家具デザイナー。知っているひとも多いかと思いますが、建築も手がけています。それがこのイームズハウス。イームズ夫妻の自邸です。

image.jpg

この家は40〜50年代の西海岸の建築デザインの新たなムーブメントの中で企画されたケーススタディ・ハウスの一環として建てられてた家です。簡単に手に入る素材(工業用の鉄骨など)によって、簡単に作ることができる(5名で、1日たらずで完成させたそうです)という明快なコンセプトに基づいています。交換可能な素材から独創性にあふれた作品を作り上げるところはイームズの素晴らしさです。

家の中は、イームズの家具をはじめ、世界各地の民族的な置物や、化学薬品を入れる器など数多くの家具や小物、食器が所狭しと置かれています。モダン、トラディショナル、ミニマルなどの要素が、一見雑然と配置されているように見えて、全体が統一感を保っています。

0714842125Eames House: Pacific Palisades 1949, Charles and Ray Eames (Architecture in Detail)
James Steele


Amazonで詳しく見る
by G-Tools

イームズの家具がどんなふうに配置されているかを知ることができます。分量はそれほど多くないけど値段は安いですし、勉強になりますよ。
posted by nina at 00:10 | 東京 🌁 | Comment(3) | TrackBack(1) | 日記

2005年08月29日

最高の音質 バング&オルフセンのイヤフォン A8

今回紹介するのは、バング&オルフセンのイヤフォンです。

バング&オルフセンはデンマークのオーディオ・ブランドです。そのデザインは世界中で認知され、各国のデザインアワードを数多く受賞しています。また品質も折り紙つきで、非常に素晴らしい音質が高く評価されています。

ただし、それだけに高価なものが多く、なかなか簡単に手に入るようなものではありません。でも中にはちょっと頑張れば手に入りそうなものもあります。そのひとつがこのイヤフォンです。

BANG&OLUFSENヘッドホン A8

これはA8と呼ばれるモデルで、人間工学の技術やノウハウがぎっしり詰まっています。半円形になっているアームを耳にかけると、まるで装着していることを忘れてしまうくらい絶妙のフィット感が得られます。着けたまま走ったりしてもまったくブレません。ジョギングなどにも使えます。

また、音質もやっぱり素晴らしいです。イヤフォンひとつでこんなに変わるものなのかと、はじめて着けたときは本当にびっくりしてしましました。今ではipodとの絶妙なコンビとして活躍しています。
posted by nina at 02:05 | 東京 🌁 | Comment(0) | TrackBack(1) | 日記

2005年08月28日

arabia アラビアのムーミンボウル

今回紹介するのは、食器で有名なアラビアのシリアルボウルです。といってもただのシリアルボウルではありません。ムーミンのキャラクターの柄が入っているんです!さすが北欧のブランドだけあって、チョイスが「らしい」ですね。

ムーミンボウル(ムーミン)

クリックしてみるとよく見えますが、どれもかわいいです。通常よりも値段がちょっと張るのでわたしはまだ買っていないのですが、買うとしたらスナフキンですね。

ちなみにマグカップもあるみたいです。こういう食器って、ビンテージものにも負けないくらい、いい味出していると思います。
posted by nina at 02:05 | 東京 🌁 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2005年08月27日

柳宗理のデザートスプーン

今回紹介するのは、柳宗理のスプーンです。

柳宗理は前回紹介しました渡辺力と同じく、戦前から日本のデザイン界をリードしてきたデザイナーです。代表作のスツールはMOMAのパーマネント・コレクションに選定されるなど、世界中から支持されている、ワールドワイドなデザイナーです。

de0129.jpg

さて柳宗理は日用品、とくに料理にかかわるプロダクトのデザインを積極的におこなってきました。現在では数十の作品が手に入ります。

今回紹介するのは、黒柄のデザートスプーンです。これは柄が黒の木でできていて、シンプルながらもさりげない主張を感じさせるデザインになっています。

柳宗理 黒柄カトラリー デザートスプーン 180mm

柳は機能を追求したところに最も美しいデザインがあると考えていました。デザイン先行ではなく、機能先行で考える人だったのです。このスプーンひとつとっても、柄の太さや長さにも細かい配慮があります。また、スプーンがその用途に応じてもっとも使いやすいように、曲線の角度なども考え抜かれています。

物選びはデザインも機能も大切にしたい、という方におすすめですよ。
posted by nina at 00:10 | 東京 🌁 | Comment(0) | TrackBack(1) | 日記

2005年08月26日

かわいらしい、けど存在感あり。渡辺力のウォールクロック

今回紹介するのは壁掛け時計。日本を代表するプロダクトデザイナーのひとり、渡辺力デザインのものです。

Riki Clock (L)New

渡辺力は戦前から日本のプロダクトデザインを支えてきた人で、ユニークかつ実用的なデザインを数多く残しています。例えばrikiスツールていう椅子があるのですが、これはダンボールのみを使ったもので、簡単に組み立てられるわりにとても丈夫で、1トンもの重さにも耐えることができる、なんて優れもの。数年前に青山のミッド・センチュリー・モダンで購入したサイン入りの限定版はいまでも大切に持っています。

今回紹介する時計はプライウッド製で、文字盤が特徴的です。なんだか昔のおばあちゃんの家にあったようなデザインですが、そのノスタルジックな雰囲気が決して野暮ではなく洗練されて仕上がっているところがこの人の腕の見せどころ。なかなかのグッドデザインに仕上がっているではありませんか。

文字盤はフォントがユニークなだけじゃなくて、大きくて見やすいです。それにこういう雰囲気の時計なら、和室でも洋室でもすんなり溶け込んでくれそうです。実用という観点で見ても優れたプロダクトですね。
posted by nina at 00:10 | 東京 🌁 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2005年08月25日

すてきなスティグ・リンドベリの食器と作品集

今回紹介するスティグ・リンドベリはスウェーデンのグラフィックデザイナー。包装紙や食器のデザインで有名です。下の写真の柄の食器はどこかで見たことある!という方も多いのではないでしょうか。

img1002823563.jpg

ただこの人の食器はどれも絶版で、非常に入手困難です。仮に販売されていたとしても、かなり高価なものとなっていることがほとんどです。

それでもリンドベリのデザインに触れたいというあなた(わたしも)にお勧めなのが、リンドベリの作品集。

4939102718スティグ・リンドベリ作品集
ギセラ・エロン
プチグラパブリッシング 2004-11

by G-Tools


これは本国で出版された作品集を、日本のプチグラパブリッシングが編集して出版したものです。アートワークから、もちろん中身も全てリンドベリ・スタイル。リンドベリのデザインを心ゆくまで楽しむことができますよ。おススメです。
posted by nina at 00:10 | 東京 🌁 | Comment(0) | TrackBack(1) | 日記

2005年08月24日

使い勝手の良いアルヴァ・アアルトのテーブル

前回はダイニングテーブルを紹介しましたが、今回はそれよりもコンパクトなアルヴァ・アアルトのテーブルを紹介します。

テーブル90B(アルヴァ・アアルト)

アルヴァ・アアルトはフィンランド、そして北欧を代表する建築家、家具デザイナーです。本国ではお札の肖像にもなるくらい有名で、すべての北欧デザインは彼の影響を抜きにしては語れないほどです。

このテーブルは比較的コンパクトなサイズです。置く場所を選ばず、用途もお好み次第で決められます。円形なので、部屋の隅に置くよりも、空間の中央から少しずれたところにおくと良いアクセントになると思います。
posted by nina at 04:55 | 東京 🌁 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2005年08月23日

ダイニングテーブル

今回は、知る人ぞ知る日本人の家具デザイナー水之江忠臣のダイニングテーブルを紹介します。

【税&送料無料】天童木工食堂テーブル(ダイニングテーブル)<水之江 忠臣>

この人はイームズやウェグナーとも親交があったデザイナーで、図書館で使用するための椅子などをデザインした人です。その特徴は、徹底してシンプルでありながら、細かい部分に特徴的なフォルムをさりげなく配置するところ。

このテーブルは、一見普通のテーブルに見えますが、脚の付け根の部分に横に広がる組み木をつけています。その組み木が、テーブル全体のかたちを引き締めています。

シンプルでありながら、細かいワザによって魅力的な作品に仕上げているデザインは、国内外で長い間支持されています。
posted by nina at 03:04 | 東京 🌁 | Comment(0) | TrackBack(1) | 日記

2005年08月22日

スタイリッシュな北欧の照明 アルネ・ヤコブセンのAJランプ

今回紹介するのは、フィンランドの建築家にして家具デザイナー、アルネ・ヤコブセンのテーブルランプ、通称AJランプです。

AJ テーブルランプ

ヤコブセンは、アントチェアなどで有名ですね。北欧を代表するデザイナーとしてとても人気があり、数多くのフェイク作品が出回っています。それだけ本物が価値があり、魅力的だということですね。

今回紹介するランプは、数年前までは廃盤となっていたものです。名作として復活を望む声が後を絶たず、ついに復刻されることになりました。

デザインはスカンジナビア航空のトータル・デザインの一環として生み出されたものです。とってもシンプルで、使いやすいです。ボタンが中央にさりげなく配置されていて、その周辺はくりぬかれています。このスペースが「軽さ」を印象付けています。

大きさもちょうど良いですし、こういうランプが机の上にあるとホテルにいるかのような気分になりますよ。とてもエレガントな逸品です。
posted by nina at 03:04 | 東京 🌁 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2005年08月21日

和室に似合う照明 イサム・ノグチのあかり

四角い部屋に四角い家具がたくさんあると、どうしても空間が直線的に切り取られ、どことなく殺風景な雰囲気を作ってしまいます。そこで空間のバランスをとるアクセントとして、曲線的なフォルムをもつ家具を置くと、全体の雰囲気がぐっとやわらかくなります。

今回はそんなアクセントとして使えるイサム・ノグチのあかりを紹介します。

テーブルランプ (AKARI 1AT)

イサム・ノグチはアメリカ人と日本人のハーフとして生まれ、彫刻家として名を馳せた人です。その作品は見たこともない曲線によって構成されているところが特徴とされ、ニューヨークなど世界中の美術館や庭園に作品が置かれています。

「あかり」は、イサム・ノグチが「光を彫刻する」というコンセプトに基づいて発表された作品で、これまで数多くのデザインが作られてきました。彼の彫刻作品を安価に手に入れることができるわけで、数年前からモダン家具のブームとともにひときわ注目されるようになりました。

ここで紹介する作品は、シェードがオレンジ色の間接照明。その形は何物にも形容しがたい独特さをもっています。こういう「彫刻作品」が、例えば和室の隅などにさりげなく置かれていると、部屋の雰囲気がとっても落ち着きます。それでいって、個性的にもなるのです。

芸術家の彫刻作品をこんなに安く買えるなんて、とっても素敵だと思いませんか?ぜひお気に入りの作品を見つけてみてください。
posted by nina at 03:04 | 東京 🌁 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2005年08月20日

乾度良好 I+Iのシェニール織 グリーンのバスマット

今回はバスマットについて紹介します。ブランドはI+I(アイピーアイ)という名前の、グリーンのバスマットです。

足元からこだわりを!アイピューアイ バスマット・グリーン(ラッピング無料)

素材は高級な綿100%。非常に肌触りがよく、吸水力に優れています。サイズは68cm×100cmと充分な大きさ。シェニールというのは、ヨーロッパの優れた伝統工芸を指します写真を見るとわかると思いますが、良く見ると細かい織り目があります。

夏本番の今、気持ちよく汗を流した後、足元から肌触りの良い快適さを感じてみませんか。
posted by nina at 03:04 | 東京 🌁 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2005年08月19日

上品でシンプルな黒革の手帳 ファイロファックス エグゼクティブ

以前黒の手帳を使っていると書きましたが、それがこのFILOFAXのエグゼクティブシリーズの手帳です。

ファイロファックスはイングランドの老舗の手帳ブランドです。そのデザイン、品質には定評があります。

【夏の最終売り尽くしセール】FILOFAX ファイロファックスエグゼクティブ A4 (022921)

この「エグゼクティブ」というシリーズは、その名の通りハイエンドモデルです。素材は牛革、カラーは黒、赤、青の3種。大きさはポケットサイズからA4まで揃っています。

この手帳は素材がとても良いです。牛革のなかでもかなり高品質の革をつかっています。そして余計な装飾は一切なく、一見してどこのブランドなのかわからないところも、さりげなくおしゃれなものを持ちたい人にとってピッタリです。ただ、背表紙に小さな型押しがあります。「わかる人にはわかる」ようになっているところもニクいですね。

わたしは黒のバイブルサイズを買いました。他の色もなかなか上品な発色をしているので、いろいろ迷ってみてはいかがでしょうか。


posted by nina at 03:04 | Comment(0) | TrackBack(4) | 日記

2005年08月18日

ユニセックスで使える、シンプルなポーターのトートバッグ

今回は、シンプルで丈夫なレザーのトートバッグを紹介します。ブランドは日本を代表するかばんの会社、吉田カバン・ポーターのシリーズ「SQUARE」です。

SQUARE トートバッグ

このトートは、吉田かばんらしい丁寧な配慮がいろいろと施されています。まず、徹底してシンプルなところ。巷ではポーターのバッグを良く見かけます。ひと目でわかるのはちょっと・・・という方も多いと思います。でもこのトートは、タグも目立つ場所についていませんし、ひと目でわかる特徴がありません。それでも、前面にファスナーつきポケット、側面に2つのポケットがついています。吉田らしいこだわりですね。そして、丈夫な牛革。使うほどに体になじんできます。

大きさも大きすぎず、小さすぎずなので、男性・女性問わず使えると思います。こういう「誰でも使えるバッグ」を持っていると何かと便利ですね。使う人の立場に立って作られた、素敵なカバンです。

posted by nina at 03:04 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2005年08月17日

ハンドメイドの革ペンケース

ペンケースって、なかなか良いデザインが見つからないですよね。需要が少ないから、デザインが成長しないのかも知れません。そもそも持たない人もいますしね。

それでも、細かいところにも気を配りたいものです。今回はそんな「手抜きのないデザイン」のペンケースを紹介します。

Buttero ファスナーペンケース

このペンケースはハンドメイドです。なので、入荷までに時間を取ることもあるみたいです。一方で値段はそれほど高くなく、お得な買い物といえます。

デザインはいたってシンプル。素材はレザーです。でも見てください、カラーバリエーションがたくさんあります!茶色でも「濃い茶色」と「薄い茶色」がありますし、もちろん黒もあります。そして赤、青、緑、黄色など・・・これだけあれば、きっと自分のお気に入りの色が見つかるはずです。

わたしは黒を持っています。いままで持っていた手帳がちょうど黒だったので、合わせてみました。他の小物と色を合わせてもつと、いっそう映えてくると思います。
posted by nina at 03:04 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2005年08月16日

北欧デンマークの家具 ハンス・ウェグナーの椅子

部屋のなかでいちばん長くいる場所はリビングの椅子の上かもしれません。パソコンや手紙を書いたり、本や雑誌を読んだりする、落ち着く時間を与えてくれる場所です。

ひとつだけ、自分が本当に気に入った椅子を持っていると生活にゆとりができるのではないでしょうか。例え少々値段が張っても、本当に気に入ったものならば、ずっと使えるし、それだけの価値を与えてくれると思います。

わたしは長い間かけて、自分の机の前に置く椅子を探してきました。そしてたどり着いたのがハンス・ウェグナーの椅子です。

CH37 : アームチェア(ビーチ材、ソープフィニッシュ)

ハンス・ウェグナーは、デンマークの家具デザイナーです。北欧らしいシンプルで温かみのある家具を作っています。代表作はYチェア、そしてケネディ大統領の選挙討論で使われ一躍有名になった「ザ・チェア」などがあります。

この椅子は直線的なフォルムで構成されています。アームの位置がちょうどよく、腕を乗せると楽にキーボードタッチができます。座面もやわらかく、ずっとすわっていても疲れることがありません。

池袋の西武などで現物に触れることができます。とっても良い椅子ですよ。
posted by nina at 02:05 | Comment(0) | TrackBack(1) | 日記

2005年08月15日

本格派のミニギター。手元に置いてボサノバを弾こう

リビングに楽器があると、何かと楽しいですよね。自分で弾くのはもちろん、楽器の上手な友達も喜んでくれます。今回は手元に置いて気が向いたときにさらっと弾けるクラシックギター「ペペ」を紹介します。

Aria PS−58

このギターは、アリアというブランドがリリースしているシリーズで、子ども向けの教育用クラシックギターです。そのため、サイズが通常のギターよりも若干小さくなっています。

それでも非常にしっかりしたギターで、なかなか良い音色を出します。その手軽さと音の良さで、プロのミュージシャンの間でも評判になったみたいです。

女性が持つとちょうど良い大きさです。このギターを手に入れて、ボサノバの曲でも弾けるようになると、楽しいひとときが過ごせそうですね。
posted by nina at 02:05 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2005年08月14日

日常の腕時計に。最もシンプルなスウォッチ swatch once again

数万という種類があるスウォッチのなかでも、一番シンプルな腕時計がこの「ワンス・アゲイン」です。

Swatch GENT GB743 Once Again

黒いベルトに、白い文字盤。文字盤の数字もまったく無装飾です。これ以上シンプルにできないというくらいシンプルな時計です。

こういう時計は日常生活で着けるのにぴったりです。どんな服にも合いますし、値段もそれほど高くないので壊れても、なくしてもあまりショックを受けずに済みます。何十万という時計も良いですが、いつもつけているわけにはいきません。ちょっとした用事、海や山へのお出掛けなどにさらっと着けられる、そんなカジュアル感がこの時計の一番の魅力です。こういう時計をひとつ持っていると何かと便利です。贈り物にしても喜ばれるのではないでしょうか。わたしも友達にひとつ贈って、とても喜んでもらえました。
posted by nina at 03:04 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2005年08月13日

丈夫でシンプルなデザインの北欧食器 イッタラ カルティオのタンブラー

前回調理器具について紹介しました。今回はそれと関連して食器について紹介します。

今回紹介するのはイッタラのカルティオというシリーズのタンブラーです。イッタラはフィンランドの食器ブランドで、北欧のプロダクトデザインを支えている実力派のひとつです。カルティオは比較的廉価なシリーズですが、そのデザインや品質はとても良いです。

iittala(イッタラ)KARTIO (カルティオ)タンブラー シーブルー

カラーは6〜7種類あります。わたしはシーブルーをいくつか購入しましたが、いろんな色を揃えてみてもきれいだと思います。もちろんクリアもあります。どれもシンプルで、深みのある色。寒色系が多いので、氷を入れて冷たい飲み物を飲むと気持ち良いですね。テーブルの上に無造作に置いていても映えます。

もうひとつ、このタンブラーのポイントは丈夫なところです。厚さが2ミリもあって、簡単には割れないんです。わたしも以前落としてしまったことがありましたが、びくともしませんでした。もちろん絶対に割れないわけではありませんが、見た目によらず非常にしっかりした作りで、結構長持ちすると思います。

posted by nina at 00:10 | Comment(0) | TrackBack(1) | 日記

2005年08月12日

おしゃれで丈夫なル・クルーゼ ココットの鍋 

料理をするおしゃれさんにとっては、キッチン周りにもさりげなく気を使いたいところです。恋人や友達にいいね、って言われるのは嬉しいし、何よりお気に入りの素敵な調理器具を使っていると、料理をしていて気分がいいものですよね。

今回はル・クルーゼ ココットの鍋を紹介します。このブランドはフランスでは絶大な人気を誇っています。日本でも数年前からアフタヌーンティーなどのショップが扱いはじめ、すこしずつ人気がでました。

ル・クルーゼ ココット・オーバル オレンジ

この鍋には色々なカラーがあって、自分の好みの色が選べます。わたしはオレンジ色を選びました。ときどきこの鍋でシチューを作って、そのままテーブルに置いたりします。とっても暖かい雰囲気がでて、友達にも好評です。「それ、どこで買ったの?」なんてよく言われます。

でもこの鍋、ちょっと高いところが難点です。でもその分丈夫で火が通りやすく、品質は保証できます。お買い得とはいえないかもしれませんが、料理好きでキッチンの前によく立っている方にとってはお勧めですよ。料理をしていて気分が良いし、使えば使うほど愛着が湧いてきます。
posted by nina at 00:10 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記


広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。