2005年08月10日

パソコンで映画・音楽に最適!BOSE COMPANION3

パソコンで音楽や映画を楽しむことが当たり前になってきました。でも、パソコンのスピーカーって、いまいち音が良くないですよね。キレイな音で音楽や映画を楽しめたらいいな、とつくづく思っていたのですが、ついに見つけました。世界的に有名なスピーカーのブランド、BOSE社が作っているアンプ内臓のスピーカー、コンパニオン3です!!

★クレジットOK!送料無料!★BOSE マルチメディアスピーカーシステム Companion3

これは音質よし、使い勝手よし、値段よしと3拍子揃った素晴らしいスピーカーですよ!

まず音質については、さすが世界のボーズというだけあって、とってもクリアです。この会社のつくるスピーカーはとくに低音の伸びに定評があるのですが、コンパニオン3もその特長がとっても良く感じられます。ちなみに、低音の強さはうしろのつまみで調整可能です。1人暮らしなど、計量鉄骨の部屋に住んでいる人などは低音を少し弱めに設定しておくといいでしょう。とにかく音質は◎。一度聴いたらもう前のスピーカーに戻ることはできません!

使い勝手については、そのコンパクトさとまるいコントロールポッド、出力の柔軟性がポイント。コンパニオン3はその名の通り3つのスピーカーから構成されています。そのうちのひとつが低音を担当する大きなウーファーです。これは音源定位が360°なので、どこに置いてもその効果が発揮されます。机の下などでも構いません。で、実際パソコンのそばに置くのは、カードサイズの2つの小さなスピーカーと音量調整のコントロールポッドのみ。とってもスタイリッシュで、見た目にもすっきりしていてとっても良いです。で、そのコントロールポッドは周りに黒い帯が付いていて、それをくいっとまわすだけで音量調整がかんたんにできます。そして真ん中の銀色の部分はミュート機能で、指で軽く触れるだけでかんたんに音を消すことができます。これはなかなかカッコイイですよ。そして出力の柔軟性。これはイヤフォンジャックあるハードに差し込むだけでボーズの音が出るということです。パソコンだけでなくカセットテープのウォークマンでもMDでもipodでもテレビでもターンテーブルでも、イヤフォンジャックがあるものなら何でも音がでます。しかもボーズのクオリティで。

そしてお値段!3万円を切ってしまいました。わたしはいまでも「こんな値段でこんなにいい物を・・いいの?」と思っています。

これでitunesやDVDをつかう楽しみが3倍くらいに増えました。コンパニオン3はパソコンでそういったコンテンツを楽しむ人たちの間ではとても評価が高く(アップルストアの先行発売では即売り切れになりました)、ベストセラーとなっています。良質の音を探している人はお見逃しなく!
posted by nina at 02:05 | Comment(0) | TrackBack(1) | 日記


広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。