2005年09月23日

イサム・ノグチ展

9月から東京都現代美術館で、イサム・ノグチ展が開催。これは行かねば。

イサム・ノグチ展 彫刻から空間デザインへ〜その無限の創造力
・ 東京都現代美術館
・ 2005年9月16日(土)〜11月27日(日)
・ 一般1300円 大学・専門900円 中高・65歳以上500円 小学生以下無料

詳細;東京都現代美術館

テーマは「彫刻から空間デザインへ〜その無限の創造力」。今回出品される彼の代表的な彫刻作品「エナジー・ヴォイド」をみれば、その意味がわかるかもしれません。「エナジー・ヴォイド」は「ヴォイド(空虚)」シリーズのひとつで、宇宙のエネルギーの源を表現した作品とのことです。

isamu_energy.jpg

高さ3.6メートル、重さ17トンという巨大な作品。普段は香川県牟礼町のイサム・ノグチ庭園美術館に所蔵されています。それがどうやって運ばれたのかわからないのですが、ものすごく大変な作業であったことは想像に難くありません。わたしは本で観ただけなのですが、まっすぐのように見えて微妙にぐんにゃりした形に不思議と惹きこまれてしまったことを憶えています。何しろ巨大なので、実際に見たらまた違った印象を受けると思いますが、どんなイメージが浮かぶのかとても楽しみです。

そして、この展覧会に合わせて黒いAKARIが、50年ぶりに復刻され、現代美術館で先行発売されます。こちらも要チェックですね。

isamu_akari.jpg

いままでオレンジとグレー、黒地に赤という作品は見たことがありますが、黒一色ははじめてです。いままでのAKARIはやさしい、母性的なイメージがありましたが、これは忍者、禅僧などを連想させるストイックな雰囲気があってなかなか素敵です。こちらは会期中は東京都現代美術館で限定発売、その後一般発売されるとのことです。価格は8400円。

他にもモエレ沼公園が完成など、話題に事欠かない近年のイサム・ノグチ。日本における展覧会では、おそらく1992年の「イサム・ノグチ・レトロスペクティヴ(回顧展)」以来の規模。これは見逃せないですね。

posted by nina at 12:15 | 東京 🌁 | Comment(0) | TrackBack(3) | 日記


広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。