2005年09月10日

ミッドセンチュリーの最高峰 イームズの集大成本

アメリカン・ミッドセンチュリーの代表的デザイナー、イームズの仕事を集大成した本"Eames Design"です。レイ・イームズと、イームズにゆかりの深い人物が執筆に参加しているだけあって、素晴らしい本に仕上がっています。

0810908794Eames Design: The Work of the Office of Charles and Ray Eames
John Neuhart Marilyn Neuhart Ray Eames
Harry N Abrams 1989-10

by G-Tools


この本は1989年初版で、決して新しくはありません。でも、今に至るまでイームズのバイブルとして常に高い評価を受けてきました。それもそのはず、執筆をレイ・イームズと、工房で仕事をし、イームズとも強い信頼関係にあったNeuhartさんが担当しているのです。本なのですが、ひとつのイームズの作品といってもいいかもしれません。

何せ、総ページが464ページ、使用されている図版が3500点以上もあるのです。イームズが手がけてきた数々の仕事(家具はもちろん、イームズ・ハウス、パヴィリオンへの出品作品、そして映像作品まで)が年代順に整然と並べられています。英文による詳しい解説が付いていますが、たくさんの写真を見るだけでも充分楽しめます。ここからお気に入りの家具をみつけて、頑張って手に入れるのも楽しいと思います。
posted by nina at 15:07 | 東京 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのTrackBack URL
http://blog.seesaa.jp/tb/6771285


広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。